次期パナソニック LUMIX GH5の登場は2017年の早い時期?

パナソニックGH5フェイク

(上の画像は4/3 RUMORSに掲載されていたフェイク画像です。ご注意ください(^^;)

私が毎日チェックしているサイト「デジカメinfo」によると、パナソニック LUMIX GH5は2017年まで登場しないとのことです。
(元記事はこちら→パナソニックGH5は2017年まで登場しない?

現行モデルのGH4が発売されたのが、2014年4月24日で、私がGH4を購入したのが、発売1か月後の5月26日でした。
最近はデジカメのモデルチェンジが早く、だいたい2年毎になってきているので、その流れで行くと、今年の春には新機種が登場してもおかしくありませんでした。

スポンサーリンク

昔のフィルムカメラはモデルチェンジサイクルが長かった

Nikon F

例えば、ニコンの一桁機の発売年月を見てみると、

  • ニコンF…1959年6月(ニコン初の一眼レフ機)
  • ニコンF2…1971年9月(先代から12年3か月後)
  • ニコンF3…1980年3月(同8年6か月後)
  • ニコンF4…1988年12月(同8年9か月後)
  • ニコンF5…1996年10月(同7年10か月後)
  • ニコンF6…2004年10月(同8年後)

と、新機種が出るまで7年以上はかかっていました。
一度カメラを買えば、長く使えたのです。

今のデジカメは進化が非常に早く、フィルムカメラの時代とは時間の流れが全く違うので、昔とは比べ物にならないのは仕方ないとは思いますが、高価なデジカメが、たった2年で旧機種になってしまうなんて、使っている方としては納得が行きません。
新機種が出るたびに買い替えしていたのでは、お金がいくらあっても足りないので、今回のニュースは私にとっては朗報でした(^^;

次期GH5に望むこと

現在のGH4にはおおむね満足していますが、100%ではありません。
同じマイクロフォーサーズ規格のオリンパスOM-D EM-1に乗り換えたいと思うこともしばしばありますが、4K動画を含め、パナソニックは動画機能が強みなので、この1点でGH4を使い続けています。

私が次期GH5に望むことは、

  1. 2000万画素
  2. マルチアスペクト
  3. ボディ内センサーシフト式5軸手ぶれ補正
  4. 夜景モード、星景モード
  5. デジタルシフト
  6. 4K 60p
  7. 4K 4,608×3,486 px
  8. 4K撮影時手ぶれ補正
  9. USB充電

です。

これが全部次期GH5に搭載されるとは思いませんが、ボディ内手ぶれ補正と、4K 60pだけでも搭載されれば、次のカメラはオリンパスに浮気せず、GH5を買います(^^;

スポンサーリンク