大型自動二輪免許を取った話 (2) ~ホンダ CB750って、いいバイクだなぁ…(‘ω’)

教習2時限目は実際にバイクを運転します。

スポンサーリンク

最初は中型バイクでの教習だった…orz

しかし!
なんと、最初の実車は中型のホンダCB400でした。
これにはガッカリ感ハンパなかったッス…orz

まあ、気を取り直して乗りましたよ(´_ゝ`)
ところが、このCB400が乗りやすいのなんの。
同じ4気筒400ccでも、じゃじゃ馬(?)のスズキ・インパルスとはずいぶん性格が異なるように感じました。

さすが世界のホンダと言ったところでしょうか?
これには感心しました。

ここの自動車学校では、400ccで十分慣らしてから大型に乗り換えるという方針だったらしく、このCB400での教習は5時間くらい続きました。

ようやく大型バイクでの教習…wktk

そして、いよいよ大型のCB750に乗る時がやってきました。
引き起こし、取り回しはもう完璧です。
バイクに跨り、イグニッションをオン!
クラッチを切って、ギヤをローに入れ、恐る恐るアクセルを開けつつ、クラッチを繋いで発進!

いきなり、グンッと飛び出したので焦りました(^^;
アクセルを開けなくても、アイドリンクだけで走れるんじゃないかというくらい太いトルクです。
これにはびっくりしました。
ちょいとアクセルを捻るだけで、すぐにスピードが上がるので、最初はアクセルワークに苦労しました。

そして、CB400以上に、このCB750が乗りやすいこと!
車体が重くて、重心が低いせいなのか、低速での直進性が安定しています。
また、ハンドルの切れ方にクセがなく、S字、クランク、スラロームなどがやりやすい。
ずっとこの車で教習したかったのですが、ある日から教習車が変更になりました。

それは、ヤマハFZX750です。
デザインはヤマハVMAX1200に似ていますが、VMAXよりダサいです(^^;
なんちゃってVMAXです。
CB400よりも少し車体が小さく、シート高も低いので、教官は背の低い私には運転しやすいとでも思ったのでしょうか?

しかし、この教習車はちょっと曲者で、後の教習でやや苦労することになるのでした。

(続く)

スポンサーリンク