私のカメラ歴~フィルムカメラ編 (7) ~安原一式

安原一式

このカメラは知らない人も多いでしょう。
知る人ぞ知るマニアックなカメラです。

1999年に安原製作所から発売された、ライカLマウント互換、レンズ交換式レンジファインダーカメラです。

スポンサーリンク

予約販売で手に入れたカメラでしたが…

もうだいぶ昔のことなので、いろいろなことを忘れてしまいましたが、発売前に情報を入手し、そのコンセプトが気に入って、予約販売で手に入れました。

シリアルナンバーはかなり若かったはずですが、最後までこのカメラに愛着が持てず、ヤフオクで売却したため、写真も記憶も残っておりません(^^;
(写真はネットからの拝借です)

このカメラには、ライカIIIcに付属していたエルマー5cm f3.5を装着してみたり、新規で購入したフォクトレンダー・カラースコパー35mm f2.5を装着してみたりしましたが、作りが予想以上に雑で、デザインも操作感もチープ感この上ないことと、等倍ファインダーはいいとしても、ピント合わせの二重像が非常に見づらかったため、ほとんど稼働することなく、防湿庫に眠ったままになりました。

前述のように、ヤフオクでドナドナしましたが、未練は微塵もありません(^^;

スポンサーリンク