ニコンプラザ新宿でニコンD5を触ってきました! (前編)

週末に東京出張がありました。

今回は用事がびっしりで、ブログの更新ができなかったのですが、日曜日に少しだけ時間があったので、ニコンプラザ新宿に寄って、例のニコンD5を触ってくることができました。
P1260781
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
付きで展示されていました。

店内には先客が多数いたのですが、D5を試用していた1名の他に並んでいる人はおらず、私はその人の後で、すぐに触ることができました。
カメラ本体もレンズも非常に大きくて重いのですが、その重さが逆に安定感を作り出していて、カメラを構えていても、全く苦痛ではありませんでした。
(ハーレーが重くて安定しているのと同じですね(^^;)

スポンサーリンク

見やすい光学ファインダー

一番驚いたのは、そのファインダーです。
視野が広く、非常にクリアで、見やすかったです。
カタログデータ上、アイポイントは17mmで、決して長くはないのですが、眼鏡をかけていても、四隅まではっきりと見ることができました。
明らかに、今までのデジカメの中で最高の見え方だと思います。

連写機能がスゴイ!

D5は連写機能がすごいということだったので、レリーズモードをCH(高速連写)にして連写しまくりました(^^;
いやあ、これは噂どおり、すごかったです。

一眼レフは、シャッターが開いている間はミラーが上がってファインダー像が消える(真っ暗になる)のですが、その消失時間が非常に短い。
10秒以上シャッターボタンを押しっぱなしでも、撮影速度が落ちない。
シャッター音が非常に心地よい。
などなど…。

これだけでもう俄然欲しくなりましたね(^^;
買えないけど…(;´Д`)

スポンサーリンク